マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【最新金融用語解説】中国株式市場:上海、深セン、香港の3市場

2016年2月9日 7:00

 2015年夏以降、中国株の暴落を震源とした世界同時株安が相次いでいる。なかでも上海証券取引所に上場する全銘柄を対象に時価総額の大小で加重平均して算出する「上海総合指数」の動向がいまや世界の株式市場を大きく揺さぶっている格好だ。

 そもそも中国株と一口にいっても、中国本土の「上海市場」「深セン市場」と「香港市場」があり、本土市場には中国国内の投資家と認可を受けた外国人機関投資家のみが人民元建てで取引する「A株」と国内投資家と外国人投資家が同じように取引できる「B株」がある(上海は米ドル建て、深センは香港ドル建て)。

 一方、香港市場は外国人投資家に開放されており、企業の形態別に「H株(中国本土に本社があって香港に上場)」「レッドチップ(本社は香港など本土以外だが、中国資本が入った企業)」などに分類される。香港市場を代表する株価指数が「ハンセン指数」だ。

 なお、取引時間も本土と香港では異なり、本土は午前10時30分~12時30分(日本時間、以下同)が「前場」、14時~16時が「後場」であるのに対し、香港は10時30分~13時が「前場」、14時~17時が「後場」となっている。

  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。