マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ポイントカード利用者の多くに失効経験 年間500億円が泡に…

2018年12月17日 11:00

ポイントカードの失効には要注意

ポイントカードの失効には要注意

 最も身近にある“資産”、それが財布の中のポイントカードである。60代男性でポイントカードを持っている人は全体の99.2%(ディムスドライブの2017年調査)と、「持っていない人」を探すほうが難しいほどポイントカードは広く普及している。60代男性の平均所有枚数は19.1枚というデータもある(CCCマーケティングの2017年調査)。

 例えば、保有者6400万人といわれる「Tポイントカード」は、100円の買い物につき最大で1ポイントが付与され、加盟店で1円として使うことができる。商品券に交換したり、条件はあるが現金にも交換可能だ。

 つまり、ポイントの活用は“利率1%の資産運用”ともいえる。ところが、せっかく貯まった“資産”をみすみす無駄にしてしまう人は後を絶たない。経済ジャーナリスト・荻原博子氏がこう話す。

「ポイントカード利用者の53%が“貯めていたにもかかわらず失効させてしまった経験がある”と答えた調査結果もあります。ほとんど全てに有効期限が設定されており、短いもので1年間、長いものでも2年間で失われてしまう。お金をドブに捨てるようなものです」

 野村総研の発表では、2012年度に国内企業が発行したポイントは現金換算で8684億円分にのぼる一方で、同時に500億円が失効されていたと推計されている。貯まったポイントはこまめに使うなどして、極力、失効させることがないよう注意しておきたい。

※週刊ポスト2018年12月21日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。