マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

米中懲罰関税措置の応酬、中国が譲歩することはあり得ない

2019年5月15日 7:00

習近平主席がトランプ大統領に譲歩することは考えにくい(Getty Images)

 米中貿易戦争が激化している。アメリカは5月10日、2000億ドル相当の中国からの輸入品に対して、追加関税率を10%から25%に引き上げると発表した。さらに、これまで制裁関税がかけられてなかった3000億ドル相当についても、最大25%の関税をかけるとしており、13日にはその具体的な対象品目が明らかになった。スマートフォン、ノートパソコン、衣類、おもちゃなどが新たに課税対象となることになった。

 一方、中国は13日、これに反撃。600億ドル相当の輸入品に対して6月1日より、5~10%の追加関税率を大部分引き上げ、5~25%にすると発表した。

 こうした一連の動きに対して、中国本土株式市場はどのように反応したのだろうか。まず、5月10日についてみると、発表直後の取引となる後場寄りで、上海総合指数は、わずか5分で2%弱下げる急落となり、前日比0.4%安まで売り込まれたが、そこから急回復、大引けでは3.1%高となった。

 上昇の目立ったセクターは半導体・部品、電子部品、PC関連、通信、通信設備など、追加関税がかけられているところが総じて買われた。証券、保険も大幅高となっており、短期的な相場の戻りを予想する市場参加者が多かったと言えよう。

 ただ、上海、深セン両市場合計の売買代金をみると6102億元に留まっている。4月下旬以降、商いが低迷する中で、大きく改善したわけではない。短期筋の買いが入っただけとみられる。

 週明け直後の13日は寄り付きから1.2%安まで売られており、その後は狭いレンジでのもみあいとなっている。

 現段階では、次の協議日程は未定である。トランプ大統領、習近平国家主席は6月下旬に大阪で開かれるG20に出席する予定だが、会議の前後、あるいは合間に両者の会談が持たれる可能性はある。そこまでは、このまま進展がないかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。