マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

テクマトリックス(3762): 優れた製品をかぎつける能力を評価

2016年5月16日 19:00

テクマトリックス(3762)市場平均予想

tomatsu201600516

マイナンバー導入やフィンテック、IoTの拡大で注目

EC分野、CRM分野、金融分野、医療分野、テレコム分野などのIT分野に向けて、新しい技術を提供しています。自社開発品の他、新しい技術や製品は、IPネットワーク、セキュリティ、ストレージ、ソフトウェア品質管理等の分野で、世界中から探し出し、世界最先端の製品をローカライズし日本市場で提供しています。この目利き力と、上手く日本に販売できる技術力、マーケティング力が同社の強みです。

展開する事業は「情報基盤事業」と「アプリケーションサービス事業」の2つです。

ちなみに、システム会社なのに、製品を見つける……というのが少し分かりにくいかもしれませんが、たとえば主力の「情報基盤事業」は、マイナンバー制度導入に伴う情報セキュリティ製品が絶好調です。

そして、「情報基盤事業」の主力製品は米国F5 Networks社の負荷分散装置「F5 BIG-IP」や米国EMC(RSA) 社のワンタイムパスワード「RSA SecurID」など外国のヒット製品が主要製品で、それを上手くシステムインフラ構築に組み込んでいるためです。

注目ポイント

サイバー攻撃やマイナンバー導入に伴いインフラ投資が拡大していること、またIT設備が「所有」から「利用(=クラウド型)」がトレンドとなっているなど同社にとって追い風が吹いています。

情報基盤事業ではマイナンバー導入もあってセキュリティ関連が絶好調となっていますが、今後も堅調な推移が期待できるでしょう。アプリケーションサービス事業は、16年3期に黒字化したばかりで、クラウド化の進展による成長期待が大きいです。

またクラウド技術やセキュリティ技術の進化と共に、民間事業者による医用データ保管の管理が可能になったこと(2010年に緩和)が浸透してきたことも医療分野の成長を後押しするものと思われます。

※最新の推奨銘柄、相場見通しを知りたい方は是非、日本株通信にご登録下さい
日本株通信

戸松信博 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。