マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国共産党 構造改革優先で景気減速を容認

2016年5月21日 7:00

中国共産党は景気低迷を容認か

中国共産党は景気低迷を容認か

中国の足元の景気は投資家の期待通りには回復していないようだ。4月の月次統計を整理すればおよそ以下の通りである。

・鉱工業生産は6.0%増で、前月と比べ0.8ポイント悪化、市場コンセンサスを0.5ポイント下回った。
・累計の固定資産投資は10.5%増で、前月累計と比べ0.2ポイント悪化、市場コンセンサスを0.4ポイント下回った。
・小売売上高は10.1%増で、前月と比べ0.4ポイント悪化、市場コンセンサスを0.4ポイント下回った。
・輸出は1.8%減で、前月と比べ13.3ポイント悪化、市場コンセンサスを1.7ポイント下回った。また、輸入は10.9%減で、前月と比べ3.3ポイント悪化、市場コンセンサスを5.9ポイント下回った。
・4月末のM2は12.8%増で前月末と比べ0.6ポイント下落、市場コンセンサスを0.7ポイント下回った。また、人民元新規貸出純増額は5556億元で、前年同月を1523億元下回り、また、市場コンセンサスを3444億元下回った。
・一方、累計の全国不動産開発投資は7.2%増で、前月累計と比べ1.0ポイント改善した。

並べてみるとよくわかるが、不動産投資を除き、すべての指標が前月と比べ悪化しており、また、エコノミストたちの予想を下回っている。問題は、こうした景気の下振れに対して、共産党は景気低迷を容認し、ひたすら供給側改革を進める方針を示していることである。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。