マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2016年夏号 注目記事

あなたの未来のために 投信直販で資産形成はじめの一歩!

2016年6月9日 7:00

資産形成が必要なのはわかっているけど、一歩が踏み出せない─。そんなあなたに三井住友アセットマネジメントの宗正彰氏が投信直販ならではの賢い資産形成術を伝授。

三井住友アセットマネジメント株式会社 オンラインマーケティング部長・宗正 彰 氏

三井住友アセットマネジメント株式会社
オンラインマーケティング部長・宗正 彰 氏

money-post2016-06-58+

運用会社の顔が見えるのが投信直販

投資信託のことを、略して投信といいます。投信は投資家から集めた資金をプロが運用する金融商品です。多くの場合、運用と販売は別々の会社が担当しています。投信直販とは、運用会社が直接、お客さまに投信を販売することです。

スーパーマーケットでも産直の野菜などを販売していることがありますが、生産者の顔写真が掲示されていたりして、とても安心感があります。投信直販も運用会社の顔が見えやすい点でお客さまに安心して購入していただけると考えています。
 
そもそも私どもが投信直販を始めたのは、まだまだ、投信の魅力を知らない方が多いからです。現在、個人の預金残高は約900兆円ありますが、投信は80兆円しかありません。

低金利の今、預金では資産を増やせないことは、みなさんよくご存じですが、資産形成への一歩をなかなか踏み出せないのです。

それは、投信に携わる私どもにも責任があります。投信がいかに資産形成に向いているかなど、投信のメリットをお客さまに直接ご理解いただくことは、販売会社と同様に運用会社の責務であると考えます。

そこで私どもでは、販売会社に任せきりにするのではなく、お客さまとの直接の対話を通じて、まずは投信の魅力や仕組みをご理解いただいた上で購入して欲しいと考えて直販を始めたのです。

ですから、お客さまと直接出会う機会を最も大事にしています。

その試みとして昨年度は、日本全国47都道府県を1県、1県、訪問してセミナーを開催しました。投信業界では初めての試みです。セミナーでは商品の話はほとんどしませんでした。それよりも、資産形成の重要性を知っていただきたいと考えたからです。

みなさんは、何のために資産形成をするのでしょうか? それは、夢を実現するためではないでしょうか? 将来はカフェを開きたい、素敵なマイホームが欲しい……夢は人それぞれですが、それを実現するために必要な資金を確保するのが資産形成の目的であるはずです。

SMAM投信直販ネットは資産形成による夢の実現を提案している。http://tyokuhan-net.smam-jp.com/

SMAM投信直販ネットは資産形成による夢の実現を提案している http://tyokuhan-net.smam-jp.com/

今年度はお客さまを招き運用会社見学ツアーも

ですから、私どものセミナーでは、みなさんの夢を教えていただくところから始めます。夢がはっきりすれば、必要な資金の目安ができます。あとは、それに向かって、最も効率のよい方法で資産形成をするだけです。

私どもでは、みなさんの夢を実現するための資産形成に最もふさわしい投信に絞って販売しています。これは、DC(確定拠出年金)向けに設定された商品です。DCのコンセプトは長期かつ分散投資で積立てによる安定リターンを狙うことです。これから資産形成を始める人も安心できる商品です。

今後もさまざまな形でお客さまと対話する機会を設けていきます。今年度は、弊社にお客さまをお招きし、運用会社とはどんなところなのか、直接、ご覧いただこうと思っています。ぜひ、ご参加ください。

三井住友アセットマネジメント SMAM投信直販ネット:http://tyokuhan-net.smam-jp.com/

※マネーポスト2016年夏号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。