マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

為替相場 「日米金利差拡大でドル高・円安」シナリオは崩壊

2016年6月9日 7:00

アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が再度の利上げをするとの観測が高まっているなか、今後の為替相場のトレンドはどうなるのか、為替のスペシャリストで酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表の酒匂隆雄氏が解説する。

すでに「ドル安・円高」へシフトしている?

すでに「ドル安・円高」へシフトしている?

 * * *
構造的な変化が為替市場に起きている。それは、貿易収支の動向と、日米金利差の方向性である。

まず、日本の貿易収支は黒字基調が定着しつつある。原因は、原油を始めとする資源価格の下落によって、輸入額が大きく減少しているからだ。そのため、2016年1月の経常収支の黒字額は、単月で1兆7300億円にまで膨らんでいる。実需ベースでは、為替市場でドルは余っているのである。

原油価格が持ち直してきているものの、貿易および経常収支の黒字は高水準が続く見通しだ。2016年度は、貿易収支は6年ぶりの黒字、経常収支は3年連続の黒字幅拡大が見込まれている。当面、需給面での円の下支え要因となろう。

日米金利差の動向についても注意が必要だ。長らく、マーケットのメインシナリオは、米金利は景気回復による継続的な金融引き締めで上昇する一方、国内金利は追加緩和含みで低下するため、日米金利差は拡大傾向をたどり、大きなトレンドは「ドル高・円安」、というものだった。しかし、このシナリオは、以下のように、もはや崩壊していると言えるのではないか。

米国の景気回復が捗々しくなく、米連邦準備制度理事会(FRB)による年内の利上げは1~2回と想定されている。さらに、日本のインフレ率が、3月の消費者物価指数をみてもわかるように、マイナス圏内に落ち込んでいる。

その結果、名目金利を政策金利とした場合、インフレ率を加味した実質金利をみると、足元では日本の方が高くなっているのだ。日米金利差は拡大どころか、米国よりも日本の金利の方が高いという“日米逆転”が起きている。

こうした、重要なファンダメンタルズの変化を考慮すると、すでにマーケットの大きなトレンドは「ドル高・円安」から「ドル安・円高」に転換しているとみられる。

※マネーポスト2016年夏号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。