マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

消費税を5%に戻せば所得7万円UP、株価2万5000円も

2016年6月7日 7:00

安倍晋三首相

安倍晋三首相

安倍晋三・首相が消費税10%への引き上げを2019年10月に延期すると発表したが、消費税を巡る論議では、選択肢は「予定通り10%に上げる」か「増税を延期して8%に据え置く」かの2つしかなかった。ここでは、重要な選択肢が一つ抜けている。

「この際、税率5%に戻すのが正論です」と指摘するのは長谷川幸洋・東京新聞論説副主幹だ。

「日本経済はせっかくアベノミクスで上向いていたのに、2014年4月に消費税を8%に引き上げて失速してしまった。いま税率を8%から5%に戻せば、個人も企業も財布の紐を緩め、商店街だって大喜び。瞬く間に日本経済は復活します」

個人消費は確実に上向く。経済アナリストの森永卓郎氏が語る。

「国民はみんな覚えているでしょう。2013年はアベノミクスで株価がリーマン・ショック前の水準に戻り、株高と円安で日本経済は絶好調だった。消費税を5%にすればあの状況に戻るのだから、そこから日本経済を再び成長軌道に乗せるのは容易です。まず減税のインパクトでプラス2%の成長が見込める。

その原動力になるのが消費の回復。2014年4月の増税で家計の負担が平均7万円増えたから、減税すれば逆に家庭の所得が7万円増え、消費に回るのは自然な流れ。消費税が物価に与える影響も考慮して試算すると、個人消費は2%のプラスになると考えられます。景気循環の強いエンジンになる」

株式市場では、5月31日にメディアが「増税先送り」の見通しを報じただけで内需関連を中心に買いが入り、日経平均は1万7234円と166円も上がった。それが税率5%への減税になるとさらに沸き上がる。経済ジャーナリストの磯山友幸氏が語る。

「消費税の減税分3%がすべて消費に回れば、日経平均は確実に2000円ほど押し上げられるでしょう。下落を続けていた百貨店や小売り、家電量販店やアパレルなどが買われるはずです。減税だけでなく、政府が住宅関連の投資を誘発するような政策を打ち出せば株価2万円を超えるのは難しくない」

さらに「年内に日経平均2万5000円台の可能性もある」と見るのは田中秀臣・上武大学ビジネス情報学部教授だ。

「減税で個人にお金が返ってきますから、消費だけでなく投資も力強くなる。日経平均は消費税が8%になる前は2万円を超えていたのだから、税率を5%に戻せばその水準にすぐ届く。減税に加え、追加の金融緩和を合わせて実施すれば2万5000円台も見えてくるでしょう」

※週刊ポスト2016年6月17日号

eth-induction-th

トルコリラが金利8%に。魅惑のFXスワップ投資とは
トルコが2年半ぶりに利上げ。FXスワップ投資を始めるなら今が好機か?スワップ投資のメリットと注意点、スワップ投資に最適なFX会社について、マネーポストWEB編集部が検証する。<続きを読む>
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。