マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コスパのいい焼き鳥ランキング 3位はささみ、2位は胸肉

2017年3月4日 16:00 女性セブン

もっともコスパのいい焼き鳥は?
もっともコスパのいい焼き鳥は?

 外食はおいしくて、コスパのよいお店を選びたいもの。ここでは、コスパのいい焼き鳥について専門家の意見を聞いた。

「やきとりに使われている鶏肉は、主にブロイラーです。ブロイラーとは45~50日で出荷される鶏肉で、最も安価。飼育期間が長いほど、飼料代などがかかるため、鶏の値段も上がる。一方、飼育期間が約80日を超えると地鶏に区分けされる。地鶏になると味がグッとよくなります」(フードジャーナリストはんつ遠藤さん、以下「」内同)

 つまり、鶏の種類を見極められれば、コスパの良し悪しがわかる。とはいえ、そこまで明記している店は少ないため、“部位”で判断するのがポイントになることが多い。

「一串が同じ値段なら、原材料費が高くコスパがいいのはもも肉、胸肉、ささみ。ねぎまは、ねぎが挟まっている分、原材料費が安くなる。皮や内臓も原材料費が安いのでコスパはよくないですね」

 はんつ遠藤さんのオススメのお店はこちら。

【店舗情報】
『本家あべや北町ダイニング店』/秋田の比内地鶏は、約180日かけて1羽を育てる高級鶏肉。生産者直営を生かしたこの店では、その肉が1串378円~味わえる。一般的な1串100円に比べ、高いかもしれないが、味と品質を考えたらこれ以上コスパのいいやきとりはない。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口2F北町ダイニング

※女性セブン2016年3月16日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。