マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金強制徴収基準引き下げ サラリーマンにも不公平感

2017年4月7日 16:00

年金の強制徴収基準引き下げに関して不満が続出

年金の強制徴収基準引き下げに関して不満が続出

 3月29日に実施された厚生労働省の社会保障審議会・年金事業管理部会において提示された「日本年金機構の平成29年度計画」。その中で特に注目すべきは、「強制徴収の着実な実施」という箇所だろう。

 そこでは、自営業者らが加入する国民年金の保険料未納者に対する強制徴収の基準を平成29年度から引き下げる方針が示されている 。これまでの強制徴収対象者は「控除後所得350万円以上かつ未納月数7か月」だったが、平成29年度 からは「控除後所得300万円以上かつ未納月数13か月以上」となり、対象者の拡大が予想される。

 社会保障審議会・年金事業管理部会が発表した資料 によると、平成 29年1 月末における国民年金の現年度分保険料の納付率は62.4%。前年同月の59.9%に比べると微増しているものの、4割弱が未納という状態だ。また、平成27年度分国民年金保険料、つまり前年分保険料の納付率は68.6%であり、およそ1/3の加入者が滞納していることとなる。

 日本年金機構は、平成28年度 以来保険料の最終納付率の目標を70%以上と設定。その実現を目指して今回、強制徴収基準が所得350万円以上から300万円以上に引き下げられたというわけだ。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。