マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

米ドル 1ドル=115円を割れる局面があれば投資のチャンスか

2015年3月20日 11:51

春から年央にかけて為替相場はどう動くのか、FX(外国為替証拠金取引)の戦略とは、為替のスペシャリスト、松田トラスト&インベストメント代表の松田哲氏が解説する。

* * *
米ドルにこれから投資をしたいと思っている人は、1米ドル=115円を割れる局面があれば、その付近で買ってもいいだろう。

年央までの3か月間で考えると、クロス円を売っていくのが戦略としていいだろう。しかし、底値をつけたら、その時点で終了となる。ユーロ/円は3月現在、130~134円前後で推移しているが、120円付近まで下落したら対ユーロでの円高局面は終了と判断してよいだろう。今後、米ドル/円が上昇していくようであれば、あらためて円安方向に進むのではないか。

それならば、最初からユーロ/米ドルを売っていくほうがわかりやすく、私はそちらをすすめたい。ユーロ/米ドルは、まだまだ売れる余地があり、現在の相場で最も効率的で有効な戦略はユーロ/米ドルを売っていくことだと考えている。米ドル/円は膠着状態が続きそうだが、ユーロ/米ドルは積極的なドル高方向が明確だからだ。

ユーロ/米ドルの売りのターゲットは、パリティ(1米ドル)近辺と考えられる。1ユーロ=1.2米ドルを割れたら、1米ドルを意識したい。この他、豪ドル/米ドルを売っていくのもいいだろう。ユーロ/米ドル同様、まだまだ落ちて行く可能性がある。

※マネーポスト2015年春号

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。