マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2017年夏号 注目記事

ファストリ株はお金持ち専用? 普通の投資家が相場で勝つ方法は

2017年6月22日 17:00

 カブ知恵代表・藤井英敏氏によると、北朝鮮問題やフランス大統領選挙など、今年の主要なイベントリスクを通過したことで、日経平均株価も年内2万2000円に向けた値動きが予想されるという。そうした中で投資家はどのような行動をとればよいのか。藤井氏が解説する。

ゲーム関連では2か月で株価5倍になった銘柄も

ゲーム関連では2か月で株価5倍になった銘柄も

 * * *
 日本株に上昇基調が見込めるといっても、日経平均のなかで上がるのは外需系が中心となるだろう。なにしろアベノミクスは事実上、“死語”となっており、内需に上昇要因はほとんど見られないのが実状だ。

 ましてや日経平均はその構成上、ファーストリテイリングやソフトバンクグループ、ファナックといったごく一部の銘柄の指数寄与度が高く、それら値がさハイテク株だけで約2割のウェートを占めている。そうしたなかで日経平均が上がったといっても、実はごく一部の寄与度の高い銘柄だけが上がっているにすぎないのだ。

 今後、日経平均の上昇が見込めるなら、それら「王道」銘柄に投資する手もあるが、たとえばファーストリテイリングの最低購入単位は優に300万円を超える。仮に200株買って2割上昇すれば150万円超の儲けになるが、元手は700万円以上かかる。それはどう考えても潤沢な資金を持つ資産家や退職後に大きなリスクが取れない人といったお金持ちに限定されてしまうだろう。

 たとえば手元に1000万円ほどの預貯金があって、そのうち200万~300万円をリスク資産である株に投資して「10年で10倍にしたい」と考えるような個人投資家なら、「王道」への投資ではとても叶わない。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。