マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

米利上げの有無に関わらず日経平均株価は上昇か

2017年6月9日 18:00

米利上げの有無で為替、株への影響はどう変わる?(ウォールストリート)

米利上げの有無で為替、株への影響はどう変わる?(ウォールストリート)

 米国現地時間の6月13日~14日にかけて、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されるが、今回のFOMCで、利上げが決定されるかどうかに注目が集まっている。では今回の利上げの有無によって、資金がどのマーケットに流入することが想定されるのか。そして為替レート、株価に対してどのような影響をもたらす可能性があるのか? カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんは、以下のように解説する。

 * * *
 いよいよFOMCが近づいてまいりましたが、利上げが決定されても見送られても、いずれにしても相場が影響を受ける可能性は極めて高いと言えます。そこで今回は、利上げの有無によって相場がどのように推移すると想定されるのか、お伝えします。

 まずは、利上げとドル円相場の関係性です。ドル円相場が仮に1ドル=109~111円台くらいの水準で14日を迎え、利上げが決定されればドルは買われるのではないか、と私は見ています。そしてその後、1ドル=115~116円台乗せくらいがあってもおかしくないと考えています。

 一方で14日の時点でドル円相場が115円台くらいまで上昇していた場合は、利上げが決定しても「材料出尽くし」ということでドルが売られ、ドル円相場が下落する可能性もあります。今年3月に利上げされた際もそうでしたが、まさに「噂で買って事実で売れ」という格言通りの動きですね。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。