マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

カジノ制度大枠「日本人利用客は現金のみ」の効果は?

2017年8月14日 6:30

カジノ解禁に向けて具体的な議論が進む

カジノ解禁に向けて具体的な議論が進む

 政府の有識者会議は7月31日、カジノを含む統合型リゾート(IR)制度の大枠を決定。今秋の臨時国会にIR実施法案を提出する見込みだ。海外からの観光客の誘致が大きな目的となるIR法案。その軸としてカジノが期待されているわけだが、一方で日本人利用客のギャンブル依存症対策も重要な問題となる。

 今回決定した大枠では、日本人利用客については、入場時にマイナンバーカードを活用した本人確認が必要となり、さらに入場回数を管理することとなるという。ギャンブル事情に詳しいジャーナリストはこう解説する。

「入場制限をなくしてしまうと、ギャンブル依存症の利用者が何度となく訪れてしまう可能性があり、後々社会問題となる可能性も指摘されています。そういう意味では依存症対策の効果はあると思うのですが、入場回数の制限がどういう形で実施されるのかも気になるところです。

たとえば『1か月に×回まで』というような制限であれば、繰り返しカジノに訪問することは制限できても、1回に使う金額を制限することは難しい。ギャンブルで借金を作って破滅する人を減らすのであれば、使える金額も制限する必要が出て来ると思います」(以下同)

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。