マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

北朝鮮情勢の悪化、中国・韓国の投資家も意識し始めた

2017年8月16日 20:00

中国本土投資家も北朝鮮リスクを意識
中国本土投資家も北朝鮮リスクを意識

 8月11日(金)の上海総合指数は1.6%安の急落となった。この日は前日終値比で0.7%安い水準で寄り付いている。上海総合指数にしては寄付きから大きなギャップが発生しているが、これは前日の大引け後から、この日の朝にかけて、何か大きな材料があったことを示している。

 相場付きをみると、前場では大型株が大きく売られた。後場後半になると小型材料株も崩れ、ほぼ全面安の展開となった。5月下旬を底として8月上旬にかけて、鉄鋼、石炭、非鉄金属、新素材を中核として、石油・鉱業開発、化学、港湾海運、一部のインフラ関連、銀行、証券、保険、飲料が支える形で上昇相場が形成されてきた。しかし、この日はこうした牽引役がすべて大きく売り込まれている。一方、園区開発関連、国防軍事、医薬、農業、通信などの下げが比較的緩やかである。

 下落の要因は何か? 普段は国際市場の影響を受けにくい中国本土市場だが、市場関係者、ファンドマネージャー、マスコミ報道などから判断する限り、今回は外部要因の影響が大きいようだ。

 アジアを除く、主要国市場における前日の騰落率を示すと、ロンドンFTSE100指数は1.4%、ドイツDAX指数は1.1%、NYダウは0.9%、ナスダック総合指数は2.1%、それぞれ下落している。アジアの夜時間に取引のあった主要市場はアルゼンチンを除きすべて下落している。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。