マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

「第1期分譲開始」など新築物件チラシ多くなれば市場活性化

2015年1月3日 11:42

消費増税や建築コストの高騰などで首都圏の新築マンションの供給は減少している。活況になる潮目はどう見極めるべきか、東京カンテイ市場調査部の井出武・上席主任研究員が解説する。

 * * *
不動産の市況は、新聞広告の変化や新聞の折り込みちらしでも傾向をある程度知ることができる。景気がいい時は圧倒的に新築物件のちらしのほうが多く、分厚くて広げると大きいという特徴が顕著になる。

現在は中古物件の折り込みちらしのほうが多く、都内でも中古の戸建て住宅の折り込みちらしも目立つ。都市部で「第1期第1次募集」と書かれた新規物件の豪華な広告が多く入ってくるようになれば、新築市場はいい流れに入ったという判断材料の一つになるだろう。

来年度の住宅政策のバックアップなどの方針が速やかに決まれば、市場はまた活発に動き出すだろう。現行の住宅ローン減税では2017年末までに入居した場合、年最大40万円、10年間で最大400万円の控除が受けられるが、さらなる優遇策など購入希望者の背中を押すような制度が出てくれば市場活性化の起爆剤になるのではないか。

いい物件があれば新築物件を買いたいと、供給を待っている人々は多い。供給側が新築物件をどれだけ投入してくるかも市場を左右する。大手デベロッパーが当初はもっと早く売り出すつもりだったウェイティング中の物件がいつ出てくるかという点も、2015年の注目ポイントになるかもしれない。

※マネーポスト2015年新春号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。