マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

意外と簡単?ベストな損切ポイントを探す方法

2015年11月24日 19:00

 相場の見方が合っている時には、ポジションは、あまりアゲンスト(思惑と逆に行く)にはならないものです。

 昔、上司から、「某米系ファンドがそこのトレーダー達に実際にやらせていることなんだが、おまえもやってみろ」と言われて、ある計算をやってみました。

 その計算とは自分が勝ったポジションだけを抽出し、そのポジションを持ってから、利食うまでの間に受けたアゲンスト幅の合計を、勝ったポジションの回数で割って、平均値を出すというものでした。

 どれぐらいアゲンストになったかは、なんとなく覚えているものですし、覚えていなければチャートからおおよそ類推ができます。

 過去約半年分ぐらいを抽出して(期間は、それより短くてもいいと思いますが精度は下がります)平均値を求めたところ、私の場合なんとたったの35ポイントでした。10ポイントの遊びを作ったとしても、それでも45ポイントですから、いかに相場の流れに乗れていると、アゲンストにならないかがわかります。

 これは人により、アゲンスト幅の平均値に、多少の差は出ると思いますが、たぶん、あまり極端に大きなアゲンスト幅の平均値が出てくることはないと思います。

 このことからわかったことは、45ポイント(私の場合)を越えてアゲンストになるというのは、それは相場の見方が根本的に誤っていることが考えられます。よしんば相場の見方が最終的に合っていたとしても、相場に入るタイミングが合っていないということも考えられます。

 従って、ご自分の勝ったポジションのアゲンスト幅の平均値を計算してみて、平均値以上にアゲンストになってきたら、これは根本的に相場を見誤っているか、入るタイミングを間違っていると考え、いったん撤退して、様子を見てみることが大事だと思います。

 少なくとも、深いストップロスで我慢することは、避けるべきだと思います。そうしないと心身ともに消耗し、たまたま運良く持ち値に戻ったとしても、ホッとしてやめてしまって、くたびれもうけだったということは、ありがちなことです。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。