マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日経平均は買い場継続か 意識すべき2つの目標価格とは

2017年10月23日 19:00

日経平均株価「15連騰後」の目標株価は?

日経平均株価「15連騰後」の目標株価は?

 日本株の上昇基調が止まらない。日経平均株価は21年ぶり高値を更新し、10月23日には歴代最高となる15連騰を記録した。とはいえ、個人投資家からは「ここから買っても高値掴みになるのではないか」という不安な声も聞こえてくる。今回はカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、「日経平均株価の今後の見通し」と「意識すべき目標価格」について解説する。

 * * *
 はじめに、今の日経平均株価がどういった状況にあるのか、ということに関して私が意識しているポイントを2つお話させてもらいます。

 1つめのポイントは、「買いポジションに対する戻り売りが限定され、青空天井の状態にある」ということです。

 日本がバブル景気に沸いた頃、日経平均株価は3万8957円にまで達しましたが、その頃、日経平均の指数が取引できる商品は、日経平均先物しかありませんでした。先物取引の場合はSQといって3ヶ月、半年後の清算日が決められていますので、仮に3万8000円台の「買い」を持ったとしても、とっくの昔に決済されてしまっています。つまり、当時、日経平均先物において保有されていた2万、3万円台の「買い」は今、存在しないということです。

 その後2010年12月に「くりっく株」の日経225証拠金取引が開始されました。こちらの場合、決済期限はありませんが、2010年11月以降における日経225証拠金取引の最高値は2015年6月の2万967円です。

 ですから、2万967円を上抜けた現在、過去に保有された買いポジションは、日経平均先物と日経225証拠金取引を合わせても、2万967円以下の価格のものしか存在せず、買いポジションに対する戻り売りが限定されると考えられます。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。