マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日銀・黒田総裁退任なら外国人投資家の失望売りで株価急落も

2017年11月24日 16:00

黒田日銀総裁は株高の象徴?(写真:時事通信フォト)

 日本株の上昇相場が続いているが、それを支えているのは、東証の売買代金の約7割を占める外国人投資家であるのは間違いない。その外国人投資家が日本株の評価材料としているのが、アベノミクスを支える「安倍―黒田ライン」である。

 安倍晋三首相の長期安定政権に加え、市場に資金を溢れさせる異次元金融緩和を堅持する黒田東彦・日銀総裁がもたらす安心感が海外マネーを呼び込んでいると見ているからだ。そのため、日銀総裁人事は、株価に大きな影響を及ぼすことが予想される。投資情報サイト『IPOジャパン』編集長の西堀敬氏が語る。

「来年4月に任期満了となる日銀総裁人事は来年1月末にも決まる。市場関係者の間では黒田氏の続投が有力視されているが、人事は正式決定するまでわからない。黒田氏退任となれば、外国人投資家の失望売りが広がり、暴落につながるリスクが高まる」

 マーケットバンク代表の岡山憲史氏はこんな見方をする。

「再任の可能性は高いが、そのシナリオが崩れた際には、直ちに売りサインが点灯する。仮に退任となった場合、本田悦朗・駐スイス大使や岩田規久男・副総裁のように黒田路線を継承する人物への交代なら、やがて落ち着きを取り戻すだろう。だが、それ以外の人物に決まるようなら、さらに明確な売りサインとなるに違いない」

 日銀総裁人事がどうなるか、市場は注目している。

※週刊ポスト2017年12月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。