マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

マネースクウェア・ジャパンと外為オンラインの特許権をめぐる裁判に判決出る

2017年12月21日 16:30

 FX(外国為替証拠金取引)の独自注文機能「トラリピ(R)」をめぐり、マネースクウェア・ジャパンが外為オンラインに対して特許侵害を主張していた訴訟判決に関し、知財高等裁判所は12月21日、マネースクウェア・ジャパンの訴えを認め、外為オンラインの「サイクル注文」を特許権侵害としてサービス差し止めを命じた。

 「トラリピ(R)」は、イフダン(新規と決済を同時に発注する注文)に、リピート(注文をくり返す機能)とトラップ(一度にまとめて発注できる仕組み)を搭載したマネースクウェア・ジャパン独自の注文機能で、2007年12月に特許取得している(特許第4445006号)。

 判決が出た12月21日はマネースクウェア・ジャパンのマスコットキャラクター「トラリピくん」の誕生日とのこと。

 詳細はこちら:マネースクウェア・ジャパン社ニュースリリース

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
最新のFX自動売買を9選! 儲かる投資家の秘訣とは?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。