マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国でユニコーン企業のIPO加速、自由主義諸国との違い

2018年3月14日 7:00

中国のユニコーン企業が異例の速さで上場審査を通過(写真:アフロ)

 中国証券監督管理委員会(証監会)は異例の早さで鴻海精密工業の主要企業の一つでアップルのiPhoneの組み立てなどを行う富士康工業互聯網のA株上場審査を通過させた。2月1日、会社の概況、財務諸表、募集要項を含む上場のために必要なすべての資料を提出、9日にはそれらの全文と当局によるフィードバックを同時に公開、22日にはそれらを修正した書類を新たに公開、3月8日には上場審査を通過した。3月末にはIPO(新規上場)にこぎつけることになるだろう。

 1年かけてもこれらの4段階の作業を完成させることができない企業がある中、同社はわずか36日で通過、この内7日間は春節休暇があったことを考えると、実際の作業期間はもっと短かったことになる。まさに、“異例の早さ”である。

 同社は世界最大の電子部品のOEM、ODMメーカーで、27万人の雇用を抱えている。2017年12月期の売上高は3545億元、純利益は159億元、30.0%増収、10.5%増益であった。まさに、ユニコーン企業(企業価値の高い非上場企業)の典型例と言えよう。

 ただし、同社には仕入で全体の7.3%(2017年12月期、以下同様)、主要営業収入で12.3%の関連取引がある。いずれの比率も過去3年間下がり続けてはいるが、依然として気になる高さである。関連会社間で、仕入価格、販売価格が決定される状況では利益操作が容易である。

 また、ブラジルで2社のグループ内企業が、同社と同じ分野の業務を行っている。今のところブラジル内での業務に留まっているが今後、同じグループ内で仕事の取り合いになる可能性がないとは言い切れない。

 さらに、資金使途として、工業用インターネットプラットフォーム、クラウド関連のプラットフォーム、通信ネットワーク、5G(第5世代移動通信システム)・IoT(モノのインターネット)関連、知的生産新技術の研究開発、知的生産システムのレベルアップ、知的生産システムの生産能力拡大などに充てるとしている。こうした投資が、本当に上場会社のためだけために使われるのかという点が気になる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。