マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

掛け捨てタイプの「がん保険」 がんにならなかったら大損?

2018年3月30日 17:00

治療が長期化した場合の負担増にも対応できる(イメージ)

 日本のがん保険の“定説”が変わりつつある。50歳以上の加入者が増えているのだ。2005年に28.3%だった50代の加入者は2017年に42.6%に達した。

 厚労省の調査では、がん患者の自己負担額は高額療養費制度を利用した上で年間平均101万円に達する。ファイナンシャルプランナーの内藤眞弓氏は、この金額を“加入するか、しないか”の判断材料に位置づける。

「がん保険の最大のメリットは、がんと診断された時点で『診断給付金』として一時金100万円などのまとまったお金が支払われることです。計算上は一気にその負担を賄うことができます。しかもがんが再発した場合でも一時金は改めて受け取れるタイプの保険もある。

 さらに、がん保険に加入すると平均的なプランの場合でも一時金に加え、入院・通院費用として1日5000~1万円が給付され、治療が長期化した場合の負担増に対応できるようになっています」

 とはいえ、「がん保険に入っていれば安心」ということにはならない。保険料はがん発症リスクが高まるほど高く設定されるため、治療費と保険料負担の“収支”を見極める必要がある。

 ある大手保険会社のがん保険を見ると、一時金100万円、入院給付日額1万円のプランの場合、30歳で加入すれば3000円程度の月額保険料が、50歳だと7000円程度と倍以上に跳ね上がる。これが60歳だと1万2000円、70歳だと1万7000円と、入る時期が遅ければ遅いほど、急激に保険料が上がっていく仕組みだ。

 保険商品である以上、高リスク加入者ほど保険料が高くなるのは仕方のないところだが、月々1万円を超える掛け捨て保険料は“虎の子の貯蓄をドブに捨てている”ように感じてしまう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。