マネー

緑内障をリスクヘッジできるOCT検査 保険適用で1回600円

緑内障が高精度でわかる「OCT検査」(平松医師提供)

 40歳以上の20人に1人が罹り、失明原因のトップである緑内障。徐々に視野が欠けていき、一度失った視野は二度と戻らない。早期発見が重要だ。その“光明”となるのが最新鋭の「OCT検査」だ。二本松眼科病院の平松類医師が話す。

「私の父は、この検査のおかげで自覚症状が出る前に緑内障を見つけることができた。視野が欠けはじめる前だったので、目薬の投与で進行を遅らせています」

二本松眼科病院の平松類医師

 平松医師自らも受診経験があり、40歳になる来年からは毎年受診すると決めている。

「網膜を3次元で撮影することで、人間ドックの眼底検査ではわからない、圧迫された網膜の厚みや視神経の状態を正確に把握できるのです。暗室で眼球を撮影するだけで、痛みもない。これほど簡単かつ精密に緑内障をリスクヘッジできる検査はありません」

 保険適用で、1回あたり600円ほどで受けられる。「おかしい」と思い始めてからでは遅い病気だけに、定期的な受診を考えたい。

※週刊ポスト2018年4月6日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。