マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ワインやビールなど2018年値上げ品 その対抗策と裏ワザ

2018年4月17日 11:00

値上げ商品が続々発表されている(イメージ)

 今年に入り、値上げ商品が続々発表されている。対象は食品に嗜好品、公共料金、そしてレジャーまで…。家計のピンチを救うべくその対策を、節約アドバイザーの丸山晴美さんとファイナンシャルプランナーの二宮清子さんの2人を聞いた。ここでは、今年値上げされたお酒やたばこなど嗜好品類の主なリストを紹介しよう。

【ビール】

■アサヒビール、キリンビール、サントリー、サッポロビール
瓶詰めや樽詰めなど、主に業務用商品(ザ・プレミアムモルツブランドの樽など一部除外)

〈値上げ幅〉
・約10%UP(見込み)※容器によって異なる

〈裏ワザ〉
 値上がりは業務用ビールのため、家庭で飲む缶ビールには影響はないが、外食時に要注意。「家庭で飲むビールもなるべくPBやドラッグストアでの安売り品の活用を」(丸山さん)

【ワイン】

■アサヒ・サッポロ・サントリー・メルシャンなど
輸入、国産ワインの一部

〈値上げ幅〉
・3~6%UP(出荷価格あるいは参考小売価格)※メーカーによって異なる

〈裏ワザ〉
 酒店のオンラインストアは安く買えるが、まとめ買いは無駄遣いに繋がるので要注意。「ネットで買うなら、『Amazon.co.jp 限定』と書かれた、AmazonのPB商品が割安」(丸山さん)

【ジュース】

■えひめ飲料
「ポンジュース(1リットルペット)」など12商品

〈値上げ幅〉
・ポンジュース(1リットルペット)が346円→410円

〈裏ワザ〉
 PBやドラッグストアの安売り品の活用を。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。