マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

処方薬 病院近くの薬局と遠い薬局で価格が異なる理由

2018年4月14日 7:00 週刊ポスト

薬の種類に限りがある場合も

 一方、一般薬局は、特定の病院からの処方箋受付を見込めないことから、調剤基本料は410円と最も高い。処方される側からすると、薬代が高く付いてしまうことになる。ただし、“それならば院内処方が一番いい”とは一概に言えないという。

「院内薬局は、その病院で出される処方箋しか受け付けないため、薬の種類に限りがあったり、ジェネリックにするかどうかを自分で選べないなどの“制限”があります。門内薬局や門前薬局の場合も、取り扱う薬の種類は処方箋を出す病院の方針によって限定されるケースがある。

 一方、一般の薬局はいろいろな処方箋に対応するため、多くの種類の薬を取り扱っています。その選択肢の多さをどう考えるかも大切です」(前出・狭間氏)

※週刊ポスト2018年4月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。