マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

米大統領選と夏季五輪が重なる2016年は景気拡張局面の期待も

2016年1月4日 7:00

2015年の日本経済を振り返ると、株価や雇用の面などで、「1992年以来23年ぶり」「1997年以来18年ぶり」というデータが続出するなど、景気回復を示すシグナルが数多く点灯した。それでは、2016年の日本経済はどうなるか? 「景気のジンクス」を読み解くスペシャリストとして知られる三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉氏が解説する。

三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉氏
三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉氏

* * *
明るいシグナルが多く点灯した2015年だったが、2016年の日本経済も底堅く推移していくと考えている。エコノミストによる日本経済の将来予想をまとめるESPフォーキャスト調査でも、2016年は多くが景気上向きと回答、特に10~12月期は翌年に控える消費増税の駆け込み需要もあって全員の予想が景気上向きで一致した。

心配されるのは2015年夏のチャイナ・ショックの震源地となった中国経済の先行きだが、10月に実施したESPフォーキャストの特別調査では、中国景気を示す代表的な指数である製造業PMIが2016年も下降すると答えたエコノミストは全四半期を通して2割以下にとどまり、第3四半期以降は6割以上が上昇と回答した。中国景気はゆるやかに改善し、後半に行くほど持ち直すというのが専門家のコンセンサスだ。

さらに、2016年は米大統領選と夏季五輪というビッグイベントが控える4年に1度の「ボーナス年」でもある。

過去の記録をみても、大統領選の年はアメリカのGDP成長率が高いというデータがある。選挙を有利に進めるため、大統領選に照準を合わせて景気対策が行なわれるからで、この傾向は共和党と民主党どちらの政権であっても変わらない。米国経済が上向けば、当然、世界中の経済が好影響を受ける。

また、OECD諸国の実質GDP成長率も、夏季五輪の年は前年を上回ることが多い。大舞台での選手の活躍やメダル獲得のニュースは人心を明るくし、景気を上向かせるのではないだろうか。開催国の株価が開催年年初に前年を上回る傾向もあるので、低迷が続くブラジルの株式市場にも注目したいところだ。

ただし、北京五輪の2008年とロンドン五輪の2012年は、リーマン・ショックと欧州債務危機の影響で成長率は落ちており、五輪パワーも金融危機には太刀打ちできないことがわかる。

日本国内をみても、五輪のメダル獲得率の高い年は景気拡張局面と重なることが多い。メダルの数は多ければ多いほど、景気や株価に好影響を与えている。

過去には高橋尚子選手らが五輪での活躍で国民栄誉賞を受賞したが、スポーツ選手の同賞受賞は景気拡張局面にあたる傾向が強い。没後の受賞が多い文化人と違って、結果を出してすぐの受賞となるケースが多いので、より盛り上がるのではないだろうか。

リオ五輪でも国民栄誉賞級のインパクトある金メダリストが現われれば、経済に追い風となるだろう。たとえば、日本人初のテニス4大大会ファイナリストとして人気の高い錦織圭選手や、体操男子個人総合で世界選手権6連覇中の内村航平選手が団体と個人総合のダブルで金メダルを獲得すれば、受賞は十分ありえる。

【PROFILE】たくもり・あきよし:さくら証券、さくら投信投資顧問のチーフエコノミストを経て現職。ESP景気フォーキャスト調査委員会(日本経済研究センター)委員、景気ウォッチャー調査研究会(内閣府)委員。著書に『ジンクスで読む日本経済』など。

※マネーポスト2016年新春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。