マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

世界的企業が勢ぞろい!米国株投資にチャレンジ

2015年12月29日 19:00 マネーポスト(雑誌)

欧州危機や中国の景気減速で先行き不透明な中、着実な景気回復を果たしているのが米国だ。ネット証券を利用すれば、世界最強の株式市場に簡単に投資ができる。

利上げ後の株安が米国株購入のチャンス?

8月のチャイナ・ショック以降、世界中で大荒れ相場が続いている。リスクが高まっているのは確かだが、値動きが大きいときは、大きな利益を狙うチャンスともいえるだろう。

その中でも、米国株は狙い目だ。利上げの時期はいまだはっきりしないが、近い将来、実行されることは確か。米国の利上げは、ドル高につながり、米国企業の業績圧迫につながる。結果、利上げ直後は、株安が予測される。

しかし、これは一時的なものではないだろうか。米国経済は着実に回復しているから、いずれ株価は戻るとも考えられる。であれば、利上げ後の株安は絶好の買い場となるというわけだ。
beikokukabu1228

米国株に直接投資するのは、少々ハードルが高い気がするが、ネット証券では、日本株とほぼ変わらない手続きで、取引が可能なところがある。代表的なのはマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社だ。日本株の口座があれば、簡単に米国株取引口座を開設できる。

売買手数料は取引金額によって異なる

米国株の取引で最も注意しなければいけないのは売買手数料だ。ネット証券の手数料競争で、日本株はいまや数百円の売買手数料で取引が可能になっているが、米国株となると、そうはいかない。一時に比べれば、安くはなってきているとはいうものの、少額の取引の場合には、手数料率が割高になるケースもある。

SBI証券、楽天証券の手数料は1注文当たり25米ドル。取引数量が1000株までは同じ手数料なので、取引金額が100万円でも10万円でも手数料は25ドルだ。これを手数料率に換算してみると、取引金額が100万円なら0・31%(1ドル=125円換算)だが、取引金額が10万円なら3・13%(同)となる。

一方でマネックス証券の場合は、手数料率は約定代金の0・45%。最低手数料は5ドルだ。取引金額が10万円なら手数料は5ドルで手数料率は0・63%(同)と、他の2社よりも大幅に安くなる。取引金額が100万円になれば、手数料は20ドルになり、手数料率は0・25%。

よって少額取引が多いのであれば、手数料面でマネックス証券が有利ということになる。取引金額が多くなれば、手数料率の差は縮まるので、あまり意識する必要はないかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。