マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

トルコリラ円相場における投資家心理の変化と相場への影響

2018年10月2日 20:00

トルコリラ円相場における投資家心理の変化とは(写真:アフロ)

 トルコリラ円相場は、8月のトルコショックの下落時以降、モタモタした状況が続いている。FX(外国為替証拠金取引)でスワップ金利狙いの買いポジションを持ちながらも、じれったさを感じているトレーダーも少なくないようだ。今回はFXのカリスマ主婦トレーダーの池辺雪子さんが、トルコリラ円相場の現状について解説する。

 * * *
 8月のトルコショックを経て、トルコリラ円相場において変化が見られるようになりました。

 相場が1トルコリラ=22~23円台にあった時は「いよいよ底値か」と考えて買いポジションを積極的に持たれている方が多くいました。しかし今は、トルコリラ円相場の値動きに嫌気が差してしまって、相場から離れてしまった方も多いように見受けられます。

 くりっく365のデータでトルコリラ円相場における売買比率を確認しても、買い残が以前に比べて半減しており、新規買いが増えない状態が続いています。

 もちろん、引き続き金利狙いで買いポジションを持たれている方もいるようですが、その方々の様子も以前とは違っているように見受けられます。

 例えば「1トルコリラ=10円まで下がっても大丈夫」とか、もっと言えば「1トルコリラ=3円まで下がっても大丈夫」という感じで資金に余裕を持ってポジションを持つ方が増えた印象があります。中にはトルコリラ円が0円になっても大丈夫なように“丸代金”の感覚でトレードしている方もいるようです。

 ちょっと相場が下がったら強制ロスカットに引っかかってしまうような無茶なポジション取りをされている方が数多くいた以前のような状況とは異なる印象です。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。