マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】過去2年、大発会は大幅高スタートだが

2018年12月30日 8:00

2019年第1週の日本株の注目ポイントは?

 投資情報会社・フィスコ(担当・田代明美氏)が、株式市場の12月25日~12月28日の動きを振り返りつつ、2019年1月4日の相場見通しを解説する。

 * * *
 2018年大納会の日経平均は辛うじて節目の20000円をキープした。27日に750円高をみせた日経平均だが、この日は利益確定の動きが優勢となる結果になった。外部環境が不透明ななかで、ポジションを保有したまま越年(オーバーイヤー)することに対する投資家の警戒感は根強く、積極的な上値追いの動きは限られた。2019年相場も波乱の展開を警戒する市場参加者が大勢とはいえ、ひとまず20000円をキープしたことで大幅なセンチメント悪化は避けられた格好であろう。

 東京市場では、年明け1月3日まで6日間にわたる年末年始休暇入りとなる一方で、米国市場は元旦が休日となる以外は通常取引となる。2日からは多くの海外市場関係者も復帰し、出来高も回復してくるだろう。年明け4日の大発会は、週間で1日のみの営業日となる。過去の経緯を見ると、1月月間ベースの日経平均騰落率は年間で最も上昇確率が高い月であり、過去2年間の大発会は大幅高でスタートしている。

 アノマリーベースの大発会での大幅高を期待したいところではあるものの、米国の一部政府機関の閉鎖は長期化の様相を見せるなど、2019年に向けて楽観的な見方が維持できるかどうかにはまだ不安が残るほか、年明けにはトランプ大統領がパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長と一対一による会談の可能性も報じられている。

 これらの動向を見極めたいとする向きも多くみられるなか、年明け1月前半には米政府が中国当局者との貿易協議のため中国を訪問する予定であり、協議進展に対して市場の関心は集まろう。もっとも、米中協議期限の2月末までは日々変わる報道やトランプ大統領によるツイッター発言から、波乱含みの相場展開が警戒されることにもなる。

 一方で、2019年は元号改正により1年を通じてお祝いムードが高まるなか、消費増税に向けた景気対策も支援材料となろう。2018年後半の急落によって個別ではイレギュラーな価格形成もみられやすく、成長期待の大きい銘柄や政策期待が高まる銘柄等へは、やや中長期的なスタンスでの資金流入を新春相場で意識してきたいところだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

関連記事

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。