マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続対策で年110万円の生前贈与、税務署からの追及を避ける方法

2019年1月30日 7:00 女性セブン

「暦年贈与」をうまく使えば相続税を減らせる
「暦年贈与」をうまく使えば相続税を減らせる

 遠く離れた故郷の両親、長年連れ添った夫が、ある日ボケたら、亡くなったら──いつか来る「その時」に、どれだけ備えているだろうか。親が生きているうちに活用しておかないと損するのが生前贈与だ。相続税は、相続する財産全体に課されるため、財産を極力減らしておくことが最大の相続税対策となる。

 代表的なのが、年に110万円までは非課税になる「暦年贈与」。毎年複数の親族に数年間続けるだけで、相続財産を大きく減らせる。

 たとえば、相続財産の6000万円を3人の子供に相続する場合で見てみよう。それぞれに3年間毎年110万円を贈与した場合と、何も贈与しなかった場合を比べると、贈与した方が相続税は99万円も安くなる。

「ただ、故人が亡くなる直近3年間に相続人に対して行った贈与は、相続時に相続財産としてカウントされてしまうため意味がありません。その場合は、子の配偶者や孫などの相続人以外に贈与するとよいでしょう」(相続に詳しい税理士の岡野雄志さん)

 また、毎年ぴったり110万円ずつ贈与していると、税務署に「数年間に分散させた数千万円の贈与」と見なされ、課税される可能性もある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。