マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

数世代先まで相続人を指定可能、相続に家族信託を活用するメリット

2019年2月4日 11:00

相続に関して家族信託を利用するメリットとは?

相続に関して家族信託を利用するメリットとは?

 親が認知症になったとき、困るのが相続の問題。「遺言書」の作成もできないため、相続トラブルに直結しがちだ。そこで、こうしたケースに備えて、事前に契約しておきたいのが「家族信託」だ。

「家族信託」は親が自分の財産の一部を家族に信託し、運用・管理してもらうもの。信託契約の内容次第で家族(受託者)は運用に広い裁量権を持つ。これを活用すれば、「家は長男」「賃貸経営のアパートは次男」「預金は長女」などと分割して信託し、生前に事実上の遺産分配しておくやり方もできる。

 もっと興味深いのは、遺言では財産の承継先を指定できるのは1代限りだが、家族信託を利用すれば“数世代にわたる相続”まで指定できることだ。

 A氏の長男夫婦には子がなく、次男には1人息子がいる。先祖伝来の家屋敷を同居する長男に相続させるつもりだが、自分の死後、長男が嫁より先に亡くなれば、家屋敷は嫁が相続し、その先は嫁の実家の兄弟に渡ってしまう。長男には持病があるが、嫁は元気満々だ。どうしたものか。

『親が認知症になる前に知っておきたいお金の話』の著書がある家族信託コンサルタントの横手彰太氏が解説する。

「長男夫婦が亡くなった後、家屋敷を孫(次男の息子)に継がせたい場合、家族信託で財産の継承順位を決めておくことで、通常の相続であれば嫁の親族に渡るはずの財産を孫に継がせることができます。契約は30年効力を持つ」

 同様に、家族信託を利用すれば「妻の“連れ子”には財産を渡さない」「一番可愛い孫に家を継がせる」といった継承順位を決めておくことも可能になるのである。

※週刊ポスト2019年2月8日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。