マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢の親のキャッシュカード 勝手に使ったら罪になる?

2019年2月18日 7:00

高齢の親のキャッシュカードを子供が管理するケースは少なくない

高齢の親のキャッシュカードを子供が管理するケースは少なくない

 高齢の親が認知症になったとき、考えなければならないのが、お金の管理だ。親のキャッシュカードを子供が預かり、医療費や生活費など必要な資金を親のかわりにATMで引き出しているというケースは珍しくない。

 親の判断力がしっかりしているうちに、将来、認知症になったときの資産管理を信頼する家族などに委ねると決めておくことができる制度に「任意後見」や「家族信託」というものがある。それでは、親子でそうした契約を結ばないまま、親が認知症になった後も、子供が親のカードで預金を引き出した場合、罪に問われるのだろうか。相続に詳しい北村真一・弁護士の解説だ。

「刑法の実体としては『親の財産の窃盗や横領罪』が成立し得ます。ただし、刑法は配偶者や血族、同居親族が窃盗など一部の犯罪を行なった場合については『親族相盗例』(刑法235条等)で刑罰を免除しています。警察の捜査対象になるケースはほとんどない」

 注意が必要なのは、遺産分割協議の際、「どうしてこんなに残高が減ったのか」「お前が懐に収めているんじゃないか?」など、兄弟(相続人)の間でトラブルになりやすいことだ。

「協議がこじれると他の相続人から損害賠償請求を起こされたり、遺産の取り分から使った金額を差し引かれたりすることも考えられます。何にいくら使ったか、およびその必要性を記録しておくのが重要です」(同前)

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。