マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

GW10連休のドル/円 急落ではなく急騰の可能性も

2019年4月23日 20:00

 今年は、元号が新しくなるということで、ゴールデンウィークは異例の10連休となりますが、日本の祝日は、海外の仕手筋に狙われやすい側面があります。

 今年の正月三が日がまだ明けぬ1月3日、午前7時台のシドニー市場で、30分もかからぬ間に、仕手筋によってドル/円が108円台後半から104円台まで急落し、そしてその後に急反発したことは、マーケット関係者にとって記憶に新しいところです。

ドル/円日足チャート(チャートはTradingView)

ドル/円日足チャート(チャートはTradingView)

 そのため、この10連休もまた仕手筋に狙われるのではないか、ということがマーケットでは懸念されています。

 金融庁・財務省・日銀も、4月19日の3者会合で、10連休中も市場動向を注視する考えで一致したもようです。

 流動性が低下する東京市場休場中に、ドル/円相場の過度な変動をけん制することが狙いで、財務省の浅川雅嗣財務官は「連休中も平日と同様に市場をモニタリングする」と述べました。もちろん、前述の1月3日のドル/円の急落・急反発を念頭に置いてのことでしょう。

 しかし、私見ではどうも相場の「急落」のみを前提としているようで、「急騰」はあまり意識されていないような感触を受けます。

 マーケットにおける仕掛けとは、売りもあれば、買いもあります。全方位で、目を光らせておかないと、虚を突かれることになります。

 特に現在のドル/円は、大量のドル売りによって上値が抑えられている、不自然な状況にあります。

 日米貿易協議で、アメリカ側から通貨安誘導を禁じる「為替条項」を要求されている日本側にとっては、相場が円安に向いてほしくないことから、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)をはじめとする公的な運用機関に委託してドル/円売りを行い、上値が重い雰囲気を演出したいのだろうと思います。

 しかし、結果的に有無を言わせぬ売りに上値が重くなっているため、ドル/円は上がることも下がることも出来ない、非常にいびつな相場となっています。

 こうした市場原理を無視した相場は、いつかきっと市場の反抗を受けることになるものです。

 結論を申し上げますと、ドル/円は公的な運用機関の売りで頭を押さえられていますが、買いが引かない状況が続けば、10連休の流動性が低下する時に、急落ではなく急騰を狙われる可能性の方が高いように思われます。

【PROFILE】水上紀行(みずかみ・のりゆき):バーニャ マーケット フォーカスト代表。1978年三和銀行(現、三菱UFJ銀行)入行。1983年よりロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。 東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。1995年より在日外銀において為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。主著に『ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX』(すばる舎)、『FX常勝の公式20』(スタンダーズ)他多数。メールマガジン「水上紀行のFXマーケットフォーカスト」配信中。ツイッター@mizukamistaff

「FX」関連記事

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。