マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

あれから18年、「BRICs」4か国はどこまで成長したのか

2019年5月1日 17:00

BRICs4か国はどこまで成長したか(写真:Getty Images)

 2001年末から注目されるようになった「BRICs」という言葉を覚えているだろうか。21世紀に大きな成長を遂げると予想されるブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の4か国の英語の頭文字をとった総称で、「BRICs」関連のファンドが続々と生み出されるなど、一時は有望な投資先として持て囃された。最近ではその言葉自体、耳にする機会が減っているが、あれから18年、どこまで成長したのだろうか。新興国の経済情勢に詳しいグローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏が解説する。

 * * *
 2001年以降、「BRICs」がまるで世界を席巻するようなブームに沸いた。もともとは2001年に米投資銀行ゴールドマン・サックスのジム・オニール氏によって書かれた『Building Better Global Economic BRICs』という投資家向けのレポートで使われ、その後、世界中に広まった言葉だ。では当時、その成長期待を信じて各国に投資信託などで投資を行なっていた場合、どうなっただろうか? さっそく見てみたい。

 まずは各国の主要指数の推移を見てみよう。ここでは仮に2001年末に購入し、2019年3月末まで保有していた場合の成績を検証してみたい。

【ブラジル ボベスパ指数】
指数数値評価 13577.57ポイント→95414.55ポイント(7.03倍)
円換算評価 769.894円→2710円(3.52倍)

【ロシア RTS指数】
指数数値評価 260.05ドル→1198.11ドル(4.61倍)
円換算評価 3万4129円→13万2715円(3.88倍)

【インド SENSEX指数】
指数数値評価 3262.33ポイント→38672.91ポイント(11.85倍)
円換算評価 8894.74円→6万1794.49円(6.95倍)

【中国 上海総合指数】
指数数値評価 1645.971ポイント→3090.758ポイント(1.88倍)
円換算評価 2万6159.73047円→5万1006.87891円(1.95倍)

 このように、世間の注目度が下がっている反面、いずれもこの18年間で大きく上昇していることがわかる。なかでも最も大きく上昇したのはインドのSENSEX指数で、ブラジルのボベスパ指数、ロシアのRTS指数と続く。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。