マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

13年ぶり減収で株価下落のアップルに投資妙味はあるか?

2016年5月12日 7:00

アップル株に投資妙味はあるか

アップル株に投資妙味はあるか

4月26日、米アップルは2016年1-3月期(第2四半期)の決算を発表した。中国での『iPhone』の販売不振などから、2003年1~3月期以来、前年同期比ベースで13年ぶりの減収となった。中国は、アップルにとって米国に次ぐ2番目に大きな市場だ。中国の消費不振はしばらく続くとの見方から、4-6月期も減収を予想している。

決算内容を受けて、株価は大きく売られる格好となった。前日は103.91ドルだったが、決算発表を受けて96.00ドルまで下落。翌日も97.82ドルと100ドル割れで推移している。アップルの株価が100ドル割れとなるのは、3月の初旬以来である。

こうした一連の流れから、マーケットでは、アップルについてネガティブな見方が台頭しつつある。以前から、iPhoneの売上高が全体の6割を超えており、1つの製品への依存度が高すぎるリスクが指摘されていた。ここにきて、iPhoneの買い替え需要に陰りが見えてきており、そのリスクがいよいよ顕在化してきたというわけである。

鳴り物入りで登場した『アップルウォッチ』の販売も伸び悩んでおり、iPhoneに次ぐヒット商品が、目下見当たらないだけに、先のリスクは大きくなっていることは否定できないだろう。

しかし、株式投資という切り口で見ると違った側面がみえてくる。アップル株は、配当金狙いとしては、有力な選択肢となりうると考えられる。

アップルは2012年から、投資家に対する配当を再開している。しかも、2014年に「毎年配当金増額を計画している」と公式に表明したとおりに、毎年、配当金を増額している。

この配当金の増額は今後も続く見通しで、今回の決算でも、四半期ベースの配当を52セントから57セントに引き上げると発表した。すると、年間の配当は2.28ドルとなるため、4月28日の終値94.83ドルで配当利回りを求めると、2.40%となる。

米国株だけでなく、日本株にもこの配当利回りを超える銘柄は多数存在する。トヨタ自動車やNTTドコモといった時価総額が大きい優良株をみても、2%後半から3%前半の配当利回りとなっている。

だが、売上高が頭打ち傾向といっても、アップルは今回の1-3月期四半期で5兆円以上の売上高がある、世界最大の時価総額を有する企業だ。内部留保(現金および現金に近い資産)も20兆円程度あるとみられ、安定度は抜群。毎年、巨額の自社株買いも実施している。

米国の株式アナリストには、アップル株を成長株ではなく、割安株として評価する人が少なくない。現状の超低金利状況においては、配当金狙いで購入する手は十分ある。

米アップル株は2015年3月から、NYダウ工業株30種平均の採用銘柄となっている。米国株は現在、史上最高値近辺まで出直っており、世界の株式市場の中では強さが際立っている。米国株を見直す好機でもある。

文/松岡賢治(ファイナンシャルプランナー・ライター)

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。