マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

地震保険の世帯加入率 数々の震災経て20年で3倍超に増加

2016年5月10日 16:00 週刊ポスト

地震保険の加入率が20年で3倍に(写真:アフロ)
地震保険の加入率が20年で3倍に(写真:アフロ)

熊本地震による地震保険の事故受付件数が約7万件(4月21日時点。補償内容などの相談や問い合わせを含む)に達し、損害保険会社が支払う補償額は1995年の阪神・淡路大震災(同件数6万5427件・支払額783億円)を超える見通しだ。

2011年の東日本大震災(約1兆3000億円)に次ぐ過去2番目の支払額となる背景には、地震保険の急速な普及がある。1994年末時点で9%だった世帯加入率の全国平均は、相次ぐ大震災の影響もあり、2014年には28.8%と3倍超に増加している。

地震保険は、地震や津波などで被った住宅や家財の損壊や流失による損害を補償するものだが、必ず火災保険とセットで加入する必要がある。オールアバウト損害保険ガイドで平野FP事務所代表の平野敦之氏が解説する。

「対象は住宅(事務所や店舗など事業用物件は対象外)の建物と家財のみで、保険金額の上限は火災保険の30~50%。最大でも建物で5000万円、家財で1000万円です。

例えば、2000万円の火災保険に加入していた場合、地震保険で加入できるのは600万~1000万円となり、保険金だけで家を再建することはできません。地震保険は被災による損害を全てカバーするものではなく、“生活再建の足掛かり”とする制度です」

※週刊ポスト2016年5月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。