マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

ファインデックス(3649):16/12期は業績拡大と利益率上昇に期待

2016年5月23日 19:00

ファインデックス(3649) 市場平均予想

tomatsu201600523

企業概要

主に、診療支援システム、画像や検査結果のファイリングシステム、レポートなどの文書作成・管理システムを医療現場に提供しています。主力の医療用データ管理システム「Claio(クライオ)」は、患者情報を一元管理するシステムです。

これまで診療科それぞれで独立したシステムで機器やデータを管理していましたが、これが一つになるので、業務効率を上げるほか、メンテナンスや導入費用などコスト面でも大きなメリットが得られるのが特徴です。

医療システムの導入ユーザー数は1,313件、国立大学病院への導入率は73.8%と圧倒的なシェアを確立しており、また500床以上の大規模病院の導入率は50.6%と過半を占めるまでになりました(16/4月)。

導入済みの病院でもフルラインナップで入れているところは少ないため拡販の余地は大きいと見られます。15/12期吸収した放射線情報システム事業が活かされてくるでしょう。

非医療分野でも、人員を増強し、オフィス向けDocuMakerなど文書管理・システム連携に注力するなど、医療分野から、一般産業向けへ応用を進めています。今期は医療分野での新事業寄与に加え、非医療分野の本格立ち上がりが期待されます。

注目ポイント

医療分野システムにおいては、中規模病院は新規顧客、大規模病院は導入拡充で深耕を図っていくことになります。

大規模医療機関へのシステム導入はシェアの高さ(73.8%)から見ても分かるように、一巡しており、新規導入というよりは既存ユーザーの導入拡充によるリプレース需要が中心となります。

この点、15/7月に獲得した放射線システム事業による貢献に期待ができるのではないでしょうか。

またOEM・ODMの受注増も見込んでおり、利益増を伴う業績拡大が期待できるかと思います。

事業譲受や新規事業の立ち上げなど、2015年12月期は、事業基盤確立の年として捉えられ、今期は新たな事業と拡充された製品の通期寄与を期待します。

※最新の推奨銘柄、相場見通しを知りたい方は是非、日本株通信にご登録下さい
日本株通信

戸松信博 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。