投資

【松井咲子のFXバイエル】 (Lesson1)身近で奥深いFX取引の魅力

akb-matsui

港区三田にあるセントラル短資FXにおじゃま をして、松田社長にお会いしました(松井)。

松井咲子(以下、松井):初めまして、松井咲子です。よろしくお願いします。

松田邦夫(以下、松田):こんにちは、松田です。こちらこそよろしくお願いします。早速ですが、松井さんは、FXというとどんな取引をイメージしますか?

松井:私たちがドルやユーロといった外国の通貨を取引できるということは、わかっているんですけど……。

松田:基本はそのとおりです。FXとは、主にインターネットを通じて個人向けにリアルタイムで提供される「外貨取引サービス」といえます。始まったのは、外国為替取引が個人に認められた1998年以降ですから比較的新しい金融商品ですね。

 

FXの実質的な手数料は外貨預金の100分の1

松井:外貨を取引する金融商品というと、外貨預金が思い浮かびますけど、FXとはどこが違うのでしょうか。

松田:まず大きな違いは手数料です。銀行の外貨預金の手数料は、米ドルの場合1ドルにつき1円のところが多いです。これに対して、FXの実質的な手数料は「スプレッド」と呼ばれますが、当社では米ドル/円は1銭です。

松井:1銭ですか。ということは、1円の100分の1!

松田:次に、外貨預金では、円を外貨に替えて預金を行ないます。円安が進んでいるときは、外貨が値上がりして利益が出ますが、逆に円高のときは、持っている外貨が値下がりして損失が発生してしまいます。しかし、FXでは、外貨を持っていなくても「外貨売り」が簡単にできます。円高が進んでいるときには、「外貨売り・円買い」という注文をすれば、利益を得ることができます。

松井:得をするチャンスが多いわけですね。

松田:そのとおりです。最後に、FXでは自己資金以上の金額で取引することもできます。専門用語で「レバレッジ」と言います。大きな魅力としてはこの3点でしょうか。
 

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。