マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

ジャパンマテリアル(6055):ストックビジネス拡大を評価

2016年6月27日 19:00

ジャパンマテリアル(6055)市場平均予想

tomatsu20160627

企業概要

 特殊ガス関連中心に半導体製造に欠かせないインフラ事業をワンストップ展開している企業です。主力のエレクトロニクス関連事業では、半導体・液晶・2次電池製造に欠かせないインフラ事業を展開しています。近年では特殊ガス関連を中心に、超純水、薬品、動力、空調など運転管理を「一括して」請け負う「TFM(トータルファシリティマネジメント)」をスタートし、ワンストップを追求した事業展開を進めています。

 例えば特殊ガス関連においては特殊ガスの販売に留まらず、供給装置の設計・製造、配管工事、運転管理、製造装置メンテナンスまで一貫して手掛けていることで、工場の新設・増設時の製品販売以降も売上を確保しており、同社の安定収益基盤となっています。

【売上構成比(2016年3月期)】
エレクトロニクス関連事業:94%
グラフィックスソリューション事業:5%
太陽光発電:0%

注目ポイント

 まず、ビジネスモデルの改革が進んでいる事を評価したいと思います。工場の新設・増設時の製品販売以降も安定的な売上を得られるオペレーション部門の拡大が進んでおり、ストック収益モデルとして強化されてきています。半導体市場は市況による影響を受けやすい体質ではありますが、オペレーション部門の拡大で事業基盤を固めることで事業の安定化が図られることとなります。

 現代の生活は炊飯器を使うにも、スマホを使うにも全て半導体がなければ何もできません。半導体市場は浮き沈みの激しい業界ではありますが、例えば第4次産業革命がひと段落つくとしても、生産活動がなくなるということはあり得ないので保守・メンテナンス事業による事業基盤強化は理に適っているともいえるのです。

 17/3期にはメンテナンス事業の本格化、デジタルサイネージの普及拡大を追い風とした事業拡大が見込まれます。

※最新の推奨銘柄、相場見通しを知りたい方は是非、日本株通信にご登録下さい
日本株通信

戸松信博 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。