マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

個人投資家の方が意外と忘れがちな「週末リスク」

2016年6月28日 19:00

 外国為替市場は、日本時間で月曜早朝から土曜早朝まで、休むことなく動いています。しかし週末、もっと具体的に言うと土曜の早朝から、月曜の早朝まで、完全にマーケットは休止となり空白地帯となります。

 この週末の空白地帯に事件が発生したり、重大発表があったりしたことにより、前週末の引け値と翌週初寄り付き値の間に、乖離が生じる、相場的に言うと「窓が開くこと」を週末リスクと呼びます。

 たとえばドル/円を105円で買っていて、ストップロス(損切り)を1円下の104円に入れて、マーケットは106円の引けで越週したとします。そして週末の空白地帯で、たとえばドル安/円高になる大規模なテロとか声明が出て、翌週初103円から始まったとします。

 その場合、市場慣行として、ストップロスをたとえ104円で入れていても、週末に106円と103円の間に窓が開き、翌週初の始まりが103円からであれば、ストップロスがその水準で執行されるリスクがあります。

 そういう意味で、週末のリスクは各週末必ずあるということを納得した上で、ポジションを翌週に持ち越す心構えが必要です。

 最近の例でいえば、2016年6月24日(金)のイギリスEU離脱決定後のポンド/円がそうでしょう。翌週の6月27日(月)には約3円の窓を下に開けて相場はスタートしました。もちろん週末リスクは「下げ」も「上げ」もありますし、どの通貨ペアにも存在することをお忘れなく。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

水上紀行 プロフィール

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。