マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

サマージャンボ宝くじ 5大ジャンボの中で最も効率良く1等狙える

2020年7月25日 15:00

サマージャンボ宝くじをどう楽しむ?(イメージ)
サマージャンボ宝くじをどう楽しむ?(イメージ)

 1等・前後賞合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等1000万円が80本用意されている「サマージャンボミニ」が、全国の宝くじ売り場と宝くじ公式サイトで発売中だ(販売最終日は8月14日)。このサマージャンボ宝くじは、どのような特徴があるのか。その歴史とともに豆知識を紹介しよう。

◎ジャンボ宝くじの最年長
 サマージャンボ宝くじは、1979年8月に誕生した。当時の価格は1枚200円、1等は2000万円で前後賞はなし。同じ年の11月に年末ジャンボ宝くじ、翌年にドリームジャンボ宝くじが発売されている。その後、1984年に緑化宝くじ(現在のバレンタインジャンボ宝くじ)、2001年にオータムジャンボ宝くじ(現在のハロウィンジャンボ宝くじ)が仲間入りすることで、いわゆる「5大ジャンボ」と呼ばれるようになった。

◎車が賞品になったことも
 サマージャンボ宝くじでは、特別賞として200万円や500万円相当の乗用車が賞品になったことがある。中でも1988年の特別賞は「デラックス・カー賞」として1000万円相当の乗用車が商品になるという豪華なものだった。なお、乗用車と賞金のどちらか希望する方を選ぶことができた。

◎1等を狙う場合の効率が良い
 1年間に発売される5種類のジャンボ宝くじ、その1等賞金と当せん確率を総合的に判断するとどうなるか。年末ジャンボの1等は7億円だが、その一方で当せん確率は他のジャンボ宝くじより低い。それ以外の4つのジャンボ宝くじは当せん確率が同じで、そのうち1等賞金がもっとも高いのがサマージャンボ宝くじの5億円だ。つまり金額的にも1等を狙う場合の効率がもっとも良いのがサマージャンボ宝くじということで、億万長者の夢も広がる?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。