マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

宝くじ総額5億円超当せん 「億男」が明かす秘訣と末路

2018年4月22日 16:00

宝くじが当たったら、どんな変化が訪れるのか?

「突然大金を手に入れた人」のその後はどんな人生になるのか──4月23日スタートの『○○な人の末路』(日本テレビ系)は、Kis-My-Ft2のメンバーが、「仮想通貨で大金を手に入れた人」や「事故物件を借りた人」のその後の顛末を演じるドラマだ。

 原案は、昨年3月に発売された『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社刊)。「親戚が急に増える」「募金のお願いの電話が鳴り止まない」という噂をはじめ“生活が一変する”ともいわれるが、実際はどんな「末路」が待っているのか。本誌・女性セブンは、宝くじで100万円を超える高額当せん15回以上、当せん総額5億円を手にした「日本一の億男」の元を訪れた。

 岐阜県内のとある駅、車で出迎えてくれたのは、上坂元祐さん(70代)。1984年から30年以上の宝くじ歴で、高額当せんを何度も果たしてきた紛れもない「億の男」だ。

 自宅はごく普通の一戸建てだが、玄関では運を「鷲づかみ」にする木彫りの鷲がお出迎え。居間には、金の招き猫などの開運グッズが並ぶ。

 宝くじを買い始めた当時は、カラオケ教室や音楽事務所を経営、作曲家として活動していた上坂さん。

「1回カラオケを我慢して、歌ったつもりで買ってみよう」と思い立ったのが購入のきっかけだった。買い始めて3年目の1987年に10万円と20万円、1988年と1989年には100万円が的中した。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。