マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年末年始の帰省どうすべき? Go Toで「ホテル帰省」検討する人も

2020年11月13日 16:00

実家に帰るべきか否か、それぞれの悩みも(イメージ)
実家に帰るべきか否か、それぞれの悩みも(イメージ)

 今年も残すところあとわずか。そろそろ年末年始の帰省を意識し始める時期だ。今夏、新型コロナ感染拡大の影響から帰省を控えた人ならなおさらだろう。一方で、コロナの感染者数は再び増加傾向にあり、帰省すべきか否か、悩んでいる人は少なくない。

 それでも帰省する人たちの中には、実家に泊まらず、ホテルに宿泊するという人もいるようだ。普段なら家族分のホテル代の出費は痛いところだが、ちょうど「Go Toトラベル」キャンペーンも実施されていることから、お得に宿泊することも可能だ。年末年始の帰省に関する悩みを聞いた。

 東京都在住の30代男性会社員・Aさんは今夏、愛知県の実家に帰省しなかったため年末年始には実家に帰りたい。だが、70代の両親の感染も心配なので、都内に留まった方がいいのか悩んでいる。

「本音としては帰りたい。だけど万が一、私が両親に感染させてしまったらと思うと、胸が痛くなります。父親は糖尿病という持病もあるので、怖いんです。両親からは『あんたの判断にまかせる』と言われていますが……」

 そんなAさんは、感染対策の観点からも「Go To」を利用した帰省を検討しているという。どういうことなのか。

「実家に泊まるというのは、当然ながらリスクが伴います。ただ、接触機会を減らすために、ホテルに宿泊するのもアリかなと。リスクゼロは無理でも低減することはできるかもしれない。それにちょうど『Go To』で安くなっているし」(Aさん)

「Go To」開始前から、この“ホテル帰省”で静岡県の実家に帰っていたのは、神奈川県在住の30代女性会社員・Bさんだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。