マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

宝くじの「連番」と「バラ」、1等が当たりやすいのはどっち?

2021年5月31日 7:00

「連番」と「バラ」で当せん確率は変わる?(イメージ)
「連番」と「バラ」で当せん確率は変わる?(イメージ)

 現在、「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ」の2種類のジャンボ宝くじが発売中だ(6月4日まで)。ドリームジャンボは1等3億円、1等の前後賞1億円で、5億円の夢が広がる。ドリームジャンボミニは1等3000万円、1等の前後賞1000万円で、5000万円が狙える。

 宝くじの買い方には「連番」と「バラ」の2種類があるが、どちらが1等に当たりやすいだろうか。正解は「どちらも同じ」だ。ただし、1等の当せん確率は同じでも、前後賞が絡んでくると、当せん確率はそれぞれの買い方で異なってくる。

 たとえば10枚セットで買う場合、連番で購入した中に1等があれば必ず前後賞の両方(もしくは片方)も一緒に当たるので、得られる賞金額はバラより2.5倍も多くなる。一方のバラの場合、1等と前後賞の総取りはできない代わりに、1等もしくは前後賞のいずれかが当たる確率は連番の2.5倍となる。

 ジャンボ宝くじには、そんな連番とバラの長所をどちらも狙える買い方がある。それが「3連バラ」だ。最低30枚の購入が必要で、「バラで連番3枚を10通り買う」という買い方だ。バラでありながら、1等と前後賞が当たる可能性が10通りも用意されているのが特徴だ。

 この「3連バラ」は、宝くじ売り場でも公式サイトでも買えるので、30枚以上購入する予定のある人は、チャレンジしてみてはいかがだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。