マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「大金持ちになる」宣言の英国人 数時間後に宝くじ約147億円当せん

2020年11月22日 19:00

ポジティブ思考で約147億円を引き寄せたイギリスのニール・トロッター氏(Shutterstock/AFLO)
ポジティブ思考で約147億円を引き寄せたイギリスのニール・トロッター氏(Shutterstock/AFLO)

 日本では「年末ジャンボ宝くじ」の発売がまもなく始まるが、日本よりも宝くじが盛んなのがヨーロッパ。そのヨーロッパの2大宝くじが、2004年発売開始の「ユーロミリオンズ」(9か国参加)と、2012年から始まった「ユーロジャックポット」(18か国参加)だ。共に参加国の政府が自国にそれぞれ運営組織を置いている。前者は1口2.5ユーロ、後者は2ユーロ。いずれも数字選択方式で、当せん者が出ない場合の当せん金は繰り越し。だがセールスポイントは差別化されている。

 ユーロジャックポットは1回の最高当せん額が1000万ユーロ(約12億4750万円)で、繰り越し後の最高額は9000万ユーロ(約111億円)に達し、しかも大当たりが出る確率は9534万4200分の1と高い。一方、ユーロミリオンズの大当たりの確率はユーロジャックポットより低いものの、繰り越し後の最高当せん金が1億8500万ユーロ(約226億円)と高額が狙える点が魅力だ。

夫婦同時に当せんし、幸せな表情のスレイター夫妻(Solent/AFLO)
夫婦同時に当せんし、幸せな表情のスレイター夫妻(Solent/AFLO)

 2015年、夫婦で別々に購入したユーロミリオンズのくじが2口とも当せんしたのが、イギリスのスレイター夫妻。妻が購入した宝くじで14万9089ユーロ(約2027万円)を当てたことが分かった4日後、愛犬が車から宝くじをくわえてきた。その当せん金は1枚目と同じ額。夫も同日に宝くじを購入しており、それを車内に置き忘れていたのだ。

 また、2014年、「明日こそ、大金持ちになる」と宣言した数時間後、ユーロミリオンズで1億800万ポンド(約147億円)を当てたのが、イギリスのニール・トロッター氏。「いつかは大金持ちになるというポジティブ思考を持ち続けていた」と言うニール氏は、湖と森に囲まれた豪邸のオーナーになった。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。