マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

自己破産、殺人事件、毒殺疑惑… 宝くじ高額当せんが招いた人生の暗転

2020年11月19日 19:00

アメリカの宝くじは高額当せんも桁外れの額に(Getty Images)
アメリカの宝くじは高額当せんも桁外れの額に(Getty Images)

 アメリカでは宝くじの当せん金が高額なために、波乱の人生を送る当せん者が後を絶たない。宝くじ当せんで人生が暗転した事例をいくつか紹介しよう。

 ウィリアム・ポスト3世は、1988年にペンシルベニア州で1620万ドル(約17億円)を獲得し、銀行口座の残金が2ドル46セントしかなかった生活から一転、レストランや飛行機購入といった散財を始めた。さらに大家の女性に財産の3分の1を騙し取られ、実の弟が雇った暗殺者に命を狙われた。事業への投資も失敗し、当せん3か月後には自己破産を申請。

「皆、大金が転がり込んできた時の夢ばかり語るが、その後に始まる悪夢について理解していない。私は破産してからの方がずっと幸せだ」と1993年にワシントンポスト紙で振り返っている。

 1996年、イリノイ州の宝くじで2000万ドル(約21億円)を手にしたジェフリー・ダンピエ氏は愛人に殺害された。愛人は共犯者とともに現金を強奪するだけのつもりだった。しかし、激昂したジェフリー氏に「私を撃て、もしくは私がお前を撃つ」と二者択一を迫られた愛人は前者を選び、ジェフリー氏は命を落とした。

 2012年、100万ドル(約1億円)を当てたウルージ・カーン氏は、当せんが公式に発表される前に急死してしまった。検視では自然死と判断されたが、2度目の検視で毒殺の可能性が浮かび上がった。警察の捜査で、妻が用意したカレーを食べた直後の死だったことが分かったが、事件は迷宮入りに。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。