マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

子供が大きい場合の生命保険 掛け捨てでできるだけ安いものを

2016年9月5日 16:00 女性セブン

子供が大きい場合の生命保険は?
子供が大きい場合の生命保険は?

 マイナス金利の影響で、来年から貯金型保険料がアップすることに。「じゃあ、今年中に新規加入した方が得なの?」と焦るなかれ! まずは手持ちの保険を見直すことが先決。専門家が太鼓判を押す、今イチオシの生命保険を紹介する。

 見直しの際、気をつけたいのが、“必要保障額”。ファイナンシャルプランナーの山口京子さんは、ここに無駄が多いと指摘する。

「よくあるのが、独身なのに死亡保障が2000万円もあるなど、入りすぎているケース。必要以上の保障は無駄です」(山口さん)

 生活文化センターの調査によると、1世帯の保険金額は平均で年間約38.5万円。30年払ったら1000万円以上に。なんとなくや、つきあいなどで、払う額ではない。

「子供が独立すれば、数千万の保障は不要。そのつど必要な保障を見直し、保険はなるべく安く買って」(保険評論家でファイナンシャルプランナーの長尾義弘さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。