マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

アメックスに登場した「第4のメタルカード」の魅力 国内最安水準で特典満載
  • PR
  • 2021年9月21日 19:00 マネーポストWEB

    メタルカードとして生まれ変わった「アメックス・ビジネス・ゴールド」の魅力とは?
    メタルカードとして生まれ変わった「アメックス・ビジネス・ゴールド」の魅力とは?

     起業をする個人や、個人事業主として副業をする人が増えたことで、法人用のビジネスカードが人気を呼んでいる。経費精算の負担を減らせることが注目されている大きな理由だが、ビジネスを展開する個人事業主や中小企業経営者にとっては、現金出納の必要がなくなり、振り込み、納税等もオンラインでできる点も魅力だ。また、ビジネスを行う上で役立つ特典や優遇サービスも見逃せない。

     そうした中、『アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ ゴールド・カード』(以下、アメックス・ビジネス・ゴールド)が、メタルカードとして生まれ変わった。しかも、年会費は、国内のメタルカードとしては最も安い価格設定になっている。これまで多くの個人事業主、中小企業経営者に支持されてきたアメックスのビジネス・ゴールド・カードがさらに進化したといえる。

     まだまだ一部のユーザーしか手にしていないメタルカードには、どんな魅力があるのか? 充実したサービス内容とともに詳しく紹介しよう。

    クレジットカードの最新トレンドは「メタルカード」へ

     ここ数年で、クレジットカードを使用する際のシーンが、大きく様変わりしている。コンビニやスーパーでは、レジやカードを読み取る端末に、自分でカードを挿入するセルフ方式や、端末にかざすだけで決済可能な「タッチ決済(コンタクトレス決済)」が定着しつつある。

     また、決済のスタイルも多様化しており、スマホに収蔵している電子マネーや、スマホのQRコードで支払いを済ますことも多くなった。社会のキャッシュレス化が進展した結果といえるだろう。

     そうした中、メタルカードの存在感が高まりつつある。メタルカードとは、カードの材質がプラスチックではなく、文字どおり金属になっているものだ。券面は金属ならでは光沢があり、見た目でも、プラスチックカードとの違いが結構わかる。

     そして、なんといっても大きな違いは手にしたときの感覚。金属ならではの重量感とヒンヤリした質感が、指先から確実に伝わってくる。プラスチックカードだと思って受け取ると、ちょっとした驚きを覚えるだろう。

     さらに際立つのが“音”だ。支払いをするときに、テーブルやデスクに置くと金属音が出る。メタルカードが日本よりも普及している米国では、この音を「クランク・エフェクト(金属音効果)」とネーミングをしている。

     実はここ数年、米国を中心として、メタルカードは静かなブームを呼んでいる。カード会社だけでなく、さまざまな金融機関から発行されており、米国でアップルが発行している『Apple Card』もチタン製だ。

    国内最安水準のメタルカードが発行開始

     2021年8月から、アメックス・ビジネス・ゴールドは、メタルカードになった。国内で発行されるアメックスのカードとしては、個人向けのプラチナ・カード、法人向けのプラチナ・カード、に続いてのメタル化となる。

     すでに、米国では、法人向けのゴールド・カードは2018年10月に金属製になっていた。そのため、国内でも、アメックス・ビジネス・ゴールドのメタル化が待たれていたが、それがようやく実現した格好だ。

     まず、注目しておきたいのが年会費。3万6300円(税込)という価格だが、これは国内で保有することが可能なメタルカードとしては最も安い水準だ。法人向けのビジネスカードなので、中小企業のオーナーなどがオーソドックスなユーザーとして想定されているが、自営業を営んでいる個人事業主も申し込める。サラリーマンであっても、副業などを個人事業主として行っていれば該当する。さらに、法人カードの年会費は経費として計上可能な場合がある(個別のケースは税理士に確認してほしい)。

     券面のデザインも大きく変わり、表面はICチップと、アメックスのカードであることがひと目でわかる「センチュリオン」が描かれているのみ。カード番号や署名欄、有効期限は裏面に集約され、洗練された仕上がりになっている。タッチレス決済なら、カードのセキュリティ面での安心感も増すことだろう。

    クラウド会計ソフトから助成金検索サービスまで多彩な特典

     法人向けのビジネスカードとしては、必要かつ十分なサービスを提供している。以下、おもな特典を挙げると、まず、『クラウド会計ソフト freee会計』との連携。経費の支払いをカードに集約すれば、利用履歴が自動的に帳簿に記録され、経理作業が大幅に省力化できる。『freee会計』は金融機関とも連携が可能で、銀行口座の入出金の記録も自動で行ってくれる。

     また、スマホ名刺管理アプリ『Eight』の有料サービス「Eight企業向けプレミアム」が、初年度5名分(2万6400円/税込)無料になるほか、クラウドソーシング仕事依頼サイト『Lancers』の人材を最短即日で紹介してもらえるサービスを20%オフで利用できる。シェアオフィスサービス『OFFICE PASS』で、シェアオフィスやコワーキングスペースが最大10%割引となる特典もある。

     さらに、補助金・助成金検索サービス『Jシステム』も優遇価格で使える。これは、受給ができる可能性が高い各種助成金を、ネットを使って5分程度で検索できるサービスで、オンラインでの申請まで代行してくれるというもの。通常36万円(税抜)かかるところ、6万円割引の30万円(税抜)で利用が可能だ。

    特典が追加されコストパフォマンスも向上

     実は、アメックス・ビジネス・ゴールドは、メタル化される直前の2021年4月に、新しい特典が追加された。1つめは『DELL Technologies 優待特典』。4月1日~9月30日、10月1日~3月31日の各期間中に、DELL製品をアメックス・ビジネス・ゴールドで購入すると、各期間最大7000円分のキャッシュバックが受けられる、というもの。

     2つめは、『ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン』で、全国約150店舗のレストランでコース料理を予約できるサービスだ。2名以上で予約をすると、1名分のコース代金が無料になる。この特典が受けられるのは、1店舗につき半年に1回だが、利用する店舗の制限はない。つまり、加盟店すべてで年2回の特典が受けられる。仕事の取引先との会食や接待といったシーンで役立つサービスといえよう。

     このように、おもな優待や特典を列挙しただけでも、アメックス・ビジネス・ゴールドの利用価値が高いことがわかる。サービスを使いこなせば、3万6300円という年会費は十分に元が取れる。メタルカードとしては国内最安であることを考慮すれば、コスパは悪くないどころか「良い」とさえいえよう。メタルカードの“旬”は、これからが本番だ。

    取材・文/ファイナンシャルプランナー・松岡賢治

    不動産売却の完全マニュアル
    不動産売却の完全マニュアル
    【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
    【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
    【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
    【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

    注目記事

    2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
    人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする

    【お知らせ】

    2021年4月1日以降の価格表示に関して

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。