ライフ

宝くじの高額当せん 「29時間に1人」のペースで億万長者が誕生している

身近に億万長者がいるかも…(イメージ)

身近に億万長者がいるかも…(イメージ)

 現在、年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニが発売中(12月24日まで)だが、年末ジャンボ宝くじは1等・前後賞合わせて10億円という高額な当せん金額が大きな魅力だ(年末ジャンボミニは同5000万円)。もちろん、宝くじを買うなら高額当せんを目指してみたい、という人は少なくないだろうが、自分が億万長者になる可能性を、どこまで現実のものとして考えられるだろうか。

 2021年11月に全国自治宝くじ事務協議会から、令和2年度(昨年4月から今年3月まで)の高額当せん本数が発表され、10万円以上の当せん本数の合計は12万3452本となった。そのうち1億円以上は、312本もあったとのこと。

 また、同時に発表された「高額当せん者誕生ペース」によると、5分に1人が10万円以上に当たっていることもわかった。さらに、100万円以上は52分に1人、1000万円以上は6時間に1人、1億円以上は29時間に1人のペースで誕生しているという結果に。つまり、ほぼ毎日、日本のどこかで宝くじが当たって億万長者になった人が出ている、というわけだ。

 年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニに関しては、2種類合わせて10万円以上が5592本、100万円以上が1214本、1000万円以上が334本、そして1億円以上が66本も用意されている。これらの当せん本数は、次回の集計に加算される見込みだ。今回の年末ジャンボで高額当せんを射止めることができれば、来年発表されるデータの数字を見ながら、「この中の1本は私が当てたんだぞ!」と、小さな声で叫ぶかもしれない?

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。