マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

年末ジャンボ宝くじ 1等・前後賞合わせて10億円狙える「3連バラ」とは?

2021年11月22日 7:00 マネーポストWEB

「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」は何が違う?(宝くじ公式サイトより)
「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」は何が違う?(宝くじ公式サイトより)

 2021年もあとわずか。いよいよ11月24日から、「年末ジャンボ」が2種類発売される。そのひとつ、「年末ジャンボ宝くじ」は、1等前後賞合わせて最高10億円という豪華賞金が魅力だ。一方、「年末ジャンボミニ」は、1等の3000万円が60本(前後賞を合わせると5000万円)が当たるチャンスがある。価格はどちらも1枚300円で、全国の宝くじ売り場、ならびに宝くじ公式サイトで購入できる。

「ジャンボ宝くじ」の主な買い方として「連番」と「バラ」があるのは良く知られているところ。それぞれのメリットを考えると、連番は前後賞が狙えるため、より大きな賞金が期待できる。一方のバラは、一枚ずつ番号を調べる楽しさがある。売り場の販売員の話では、大型のジャンボでは連番を、ミニではバラを希望する人が多く、さらに「連番10枚とバラ20枚」といった買い方の組み合わせも目立つという。

 そんな「連番」と「バラ」の両方を兼ね備えた買い方として存在するのが「3連バラ」だ。これはあらかじめ、バラ10枚が3セットで計30枚の構成になっている。この30枚を並べ替えると、連番3枚が10セットできあがるという仕組み。そのため「バラ」にもかかわらず、前後賞を合わせた10億円が当たる可能性がある、というわけだ。

 この「3連バラ」は、売り場でも公式サイトでも簡単に購入できるので、まだ試したことがないという人は、一度挑戦してみてはいかがだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。